パワポで1つの文字にアニメーションを複数つける方法【1分で完成】

コラム

パワーポイントは文字や図形などに動き(アニメーション )をカンタンにつけられます。
でも、1つの文字や図形に、複数のアニメーション効果ってつけれるのでしょうか?

答えはつけれます。何なら3つでも4つでもカンタンにつけれちゃいます 笑

複数のアニメーションを設定すると、以下のようなアニメーションをカンタンに作成できます。

  • 文字が表示されてから消える
  • 図形を動かした後、更に別の動きをさせる

忙しい方のために、ポイントだけ押さえてサクッと解説します。
1分ほどで読めるので、お付き合いください。

設定の流れ

  1. 普段どおり1つ目のアニメーションを設定
  2. [アニメーションの追加]で2つ目のアニメーションを設定
  3. アニメーションのタイミングを設定(任意)
  4. プレビューで動作チェック

手順1 1つ目のアニメーションを設定

まずはいつも通り、図形や文字にアニメーションを設定します。
[アニメーション]から好きな効果をクリックします。

手順2 2つ目のアニメーションを設定

[アニメーション]―[アニメーションの追加]の順にクリックし、2番目のアニメーションを選びます。

手順3 アニメーションのタイミングを設定

アニメーションにはそれぞれ、タイミングを設定できます。
[アニメーション]―[開始]から好きなタイミングを選択します。

パワーポイントに用意されているタイミングは3種類あります。

クリック時 クリックを押したときにアニメーションが実行される【デフォルト】
直前の動作と同時 一つ前のアニメーションと同じタイミングで実行される。画面が切り替わったタイミングも含む
直前の動作の後 一つ前のアニメーションの動作が終わったタイミングで実行される

手順4 プレビューで動作チェック

[アニメーション]―[プレビュー]の順にクリックすると、現在設定しているアニメーション効果を確認できます。

キーボードの[Shift]+[F5]を押して、スライドショーを実行しても確認できます。

カンタンに動きをチェックしたいときはプレビュー
実際に仕上がりをチェックしたいときは、スライドショー
というようにうまく使い分けるといいと思います。

ということで、今回は以上となります。