【Amazon】新品ノートパソコンがoffice付なのに安い理由

コラム

大学のレポートを作成するためにパソコンを購入しようと思っているけど、Amazonで販売されているパソコンはOffice付きなのに値段が安すぎる気がするなぁ・・・安いに越したことはないけど、ちゃんと使えるのか少々不安でてきた。安い理由を知りたいな。

こういった疑問にお答えします。

この記事の内容

  • Office付きのパソコンが安い理由は互換ソフト
  • 互換ソフトはちゃんと使えるのか?
  • サブスクリプション版で月額利用する方法もアリ
  • ヤフオクなどで売られている格安Officeの正体

Office付きのパソコンが安い理由は互換ソフト

そこそこの性能でOffice付属と書かれたノートパソコンが、Amazonで6万円以下で売られているのをよく目にします。
例えば以下のような

「Office付き」と書かれているので、すごくお得な感じがしますが、すぐに購入せずよく考えましょう。
付属されているOfficeは、互換ソフトです。

マイクロソフト純正のOfficeソフトは、20,000円以上しますが、互換ソフトはWordやExcelと同じような機能が使えて、値段は数千円で買えます。ただし、純正とまったく同じではなく、一部使えない機能もあります。画面に表示される内容も違います。

互換ソフトはちゃんと使えるのか?

大学のレポートや、ちょっとした資料作成で使う分には問題ありませんが、仕事でガッツリ使いたい場合には厳しいです。
パソコンのインストラクターをしているぼくの意見ですが、大学生でも純正のOfficeを使うべきだと思います。
仕事の現場で一般的に使われているのは、マイクロソフトのOfficeです。就職すると必ず使うことになるので、今から操作に慣れておいた方がいいです。

値段は高いですが、今は月額で利用できるプランもあるので、一回の出費をおさえることができます。

サブスクリプション版で月額利用する方法もアリ

マイクロソフト純正のOfficeは2万円以上する高価なソフトなので、一回の出費をおさえたい方は、月額で利用できるサブスクリプション版がおすすめです。Office 365 soloという名前で、マイクロソフト公式のサイトやAmazonなどで売られています。

月々1,000円ほどで、Officeソフトを使うことができて、Windows / Macどちらでも2台までインストールできます。
また、常に最新版のOfficeが使えるので、セキュリティ面も安心です。

ヤフオクなどで売られている格安Officeの正体

ヤフオクなどで純正のOfficeが2,000円前後で売られています。
コピー版、企業のボリュームライセンスの切り売りなどの説がありますが、いずれにしてもライセンス違反の製品です。
突然使えなくなったり、パソコンから情報を抜かれたりする危険性があるので購入しない方がいいです。

まとめ

Office付きで価格が安いパソコンを買う時は、マイクロソフト純正のOfficeかどうかを確認しましょう。
互換ソフトでも使えないことはありませんが、分からないことがあったときに調べるのが大変です。人に聞くこともできませんし、本も少ないので、パソコンがあまり得意ではない方には、あまりおすすめできません。

月額利用にして、使いたいときだけ使うという方法もあるので、マイクロソフト純正のOfficeを使うことをおすすめします。