Accessからレンタルサーバー(Xserver)のデータベースにODBC接続する方法②【ローカルPC設定編】

データベース

前回は、サーバー上でデータベースの作成とsshキーの作成を行いました。

今回は、ローカルPC側の作成を行い、ローカルとサーバーをSSH接続していきます。

今回の主な設定内容

  • teratermにポートフォワーディングとsshの設定
  • ローカルPCにデータソースの設定

ポートフォワーディングの設定を行う

teratermは以下のサイトからダウンロードして、導入しておいて下さい。

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/

今回は、導入が済んでいる前提で進めます。

teratermを起動する

まずはteratermを起動させます。

[新しい接続]のダイアログボックスが表示されますが、いったん閉じます。

[設定]ー[SSH転送]の順にクリックします。

[SSHポート転送]のダイアログボックスが表示されるので[追加]をクリックします。

表示されたダイアログボックスに以下の情報を入力します。

ローカルのポート 19000(任意のローカルポートを指定できます)
リッスン 空白のまま
リモート側ホスト サーバーで取得したホスト名(mysql.xxxx)
ポート 3306(MySQLの接続ポート)

[OK]をクリックして設定を終了します。

sshの設定を行う

続いてsshの接続情報を入力します。

Xserverの公式サイトにも方法が載っています
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssh_connect_tera.php

[Setup]ー[SSH Authentication…]の順にクリックします。

ダイアログボックスが表示されるので、[User name]の入力とキーの登録を行います。

User name サーバーIDを入力します。
sshキー 次の手順で説明します。

[User name]は「●●●.xsrv.jp」のドメイン部分です。
ダウンロードしたsshキーのファイル名(●●●.key)部分でも確認できます。

続いて[Private key file:]をクリックします。

キーの場所を選択します。

デフォルトでは、.keyのファイルが表示されない場合があります。
その場合は、表示するファイルの拡張子を「all(*.*)」に変更します。

.keyファイルが表示されます。
キーを選択して、開くをクリックします。

これで設定できました。

SSH接続を開始する

sshの設定ができたら、いよいよssh接続を行います。

[File]ー[New connection]をクリックします。

表示されたダイアログボックスに以下の設定を行います。

Host ●●●.xsrv.jp
TCP port 10022

[Passphrase:]に、sshキーを作成したときに設定したパスワードを入力します。

うまく設定ができていれば、以下のようなプロンプトが表示されます。

これでサーバーにSSH接続できました。

ssh接続を自動化できるマクロを作成しました。興味のある方はこちらもご覧ください。

Teratermでレンタルサーバー(Xserver)に自動でssh接続するマクロを作る

続いてデータソースの設定を行います。

データソースの設定を行う

ローカルPCにあらかじめ、MySQLのODBCドライバをインストールします。

ドライバをインストールする

ドライバは以下のサイトからダウンロードできます。
https://dev.mysql.com/downloads/connector/odbc/

インストールしているAccessのbit数によって、インストールするファイルが変わります。

Accessのビット数の確認方法

デフォルトでは一部のbit数しか表示されません。

32bit/64bitが表示されます。MSI形式/ZIP形式のどちらかをダウンロードします。

インストールの手順は割愛します。

データソースの設定をする

次に管理ツールからデータソースの設定を行います

[コントロールパネル]-[システムとセキュリティ]-[管理ツール]-[ODBCデータソース(32/64ビット)]の順番にクリックします。インストールしたドライバとビット数をクリックします。

表示されたダイアログボックスの中の[追加]をクリックします。

MySQLのドライバーを選択します。

ダイアログボックスが表示るので、以下の設定を行います。

Data Source Name 任意の名前を入力します。
TCP/IP Server localhost
Port ポートフォワードで設定したローカルポート番号を入力します。
User データベースに割り当てたユーザーのユーザーIDを入力します。
Password データベースに割り当てたユーザーのパスワードを入力します。

入力したら[Test]をクリックします。

上手く設定できていれば、以下の画面が表示されます。

[Database]に使用するデータベースを設定します。
これでデータソースの設定は完了です。

まとめ

これでローカルPCからデータベースに接続するための設定は完了です。

今回のポイント

  • teratermを導入して、ポートフォワードとsshの設定を行う
  • MySQLのODBCドライバは、使用しているAccessのバージョンに応じてインストールする

次回はいよいよローカルPCのAccessからデータベースを参照する方法を解説します。