【コピペOK】納期から逆算して出荷日を出す方法

Excel


エクセルで、納期から逆算して出荷日を自動で表示したい。
ただし休日は含めず、営業日のみで計算してほしい。
カンタンにできる方法ってあるの?

こういった疑問にお答えします。

コピペでいいから、すぐに使いたいという方のために、数式を先に書いておきます。
出荷日を表示したいセルにコピペしてください。

土日が定休日の場合
=WORKDAY(納期を入力したセル,日数,土日以外の休日)

例)納期から3営業日前を出荷日とする(土日休み)
=WORKDAY(納期を入力したセル,-3)

例)納期から4営業日前を出荷日とする(土日+別途休日あり)
=WORKDAY(納期を入力したセル,-4,B4:B10)

土日が定休日の場合は、WORKDAY関数を使うと、カンタンに計算できます。

土日以外が定休日の場合
=WORKDAY.INTL(納期を入力したセル,日数,休日,その他の休日)

例)納期から3営業日前を出荷日とする(月曜日休み)
=WORKDAY.INTL(納期を入力したセル,-3,12)

例)納期から4営業日前を出荷日とする(月曜日休み+別途休日あり)
=WORKDAY.INTL(納期を入力したセル,-4,12,B4:B10)

休日は1から17までの数値で設定します。それぞれ以下のように対応しています。

1または省略 土と日
2 日と月
3 月と火
4 火と水
5 水と木
6 木と金
7 金と土
11 日のみ
12 月のみ
13 火のみ
14 水のみ
15 木のみ
16 金のみ
17 土のみ

ここからは、手順を詳しく解説していきます

納期や出荷日のデータを日付として扱うため、[セルの書式設定]を行います。
出荷日と納期を入力するセルを選択し、右クリックします。

[セルの書式設定]をクリックします。

ダイアログボックスが表示されるので[表示形式]タブ―[日付]の順にクリックします。
右側に表示された[種類]の中から、表示したい形式を選択して[OK]をクリックします。

これで設定した形式で、日付が表示されるようになります。
この設定を最初にしておかないと、関数を使ったときに上手く計算されないことがあるので、注意です。

納期を入力します。

WORKDAY関数を使って数式を入力する

出荷日を表示したいセルに以下の数式を入力します。
赤背景の部分は、環境に合わせて変更してください。

=WORKDAY(納期を入力したセル,日数,土日以外の休日)

日数には「納期の何営業日前に出荷するか」の日数を指定します。
3営業日前にしたいときは、-3と入力します。

下の図の場合
=WORKDAY(C4,-3)
単純に土日のみを休日とする場合は、上記の形式でOKです。

土日 + 指定した日付を定休日とする場合

土日のほかに、指定の日付を定休日としたい場合は、3つ目の引数に日付が入力されたセル範囲を入力します。

下の図の場合
=WORKDAY(C4,-3,E4:E6)

これで、土日+指定した日付を除外して、出荷日を計算できます。

土日以外が定休日の場合

土日以外を定休日にする場合、WORKDAY.INTLという関数を使用します。

数式は以下の形になります。
赤背景の部分は、環境に合わせて変更してください。

=WORKDAY.INTL(納期を入力したセル,日数,休日,その他の休日)

休日という項目が増えています。この部分で定休日を指定できます。
指定には1~17までの数値を使用します。

下の図の場合(定休日:月曜日)
=WORKDAY.INTL(C4,-3,12)

定休日以外の日を休みにしたい場合は、4つ目の引数に日付の範囲を入力します。

例)(月曜日休み+別途休日あり)
=WORKDAY.INTL(C4,-4,12,B4:B10)

これで定休日を自由に設定して、納期から出荷日を計算できます。

ぜひ試してみてください。